オススメのリスニング勉強法:映画編

英会話の学習のためのリスニング教材として、日本語字幕の付いた英語の映画を利用できます。映画に含まれる英会話は現実の会話で用いられる表現が多数含まれていますし、単に会話で用いられる構文のみならず、イントネーションやリズム、感情の表し方や身振りや表情までセットで学び取る事ができるからです。

 

 

 

とはいえ、耳が英語に慣れていない人がいきなり英会話のリスニングの学習をするのは難しいかもしれません。そこで、最初は英語圏で耳の不自由な人のために作られた英語の字幕付きの映画を利用できます。

 

 

 

動画サイトでも既に著作権が消滅したものが公開されており、それらをダウンロードしても違法行為にはなりません。入手しやすいものとして「Roman Holiday」や「Charade」などがあります。レンタルDVDを利用するなら、イギリス人と中国人、さらに日本人俳優が出演して英語が聞き取りやすい「The Last Emperor」がお勧めです。教材を準備してリスニングを始めるにあたり、まず日本語の字幕を追って会話の内容を頭に入れておくようにしましょう。
 

 

次に英会話のリスニングに入りますが、会話の内容を知りつつ英語でどのような表現が用いられているかに注目して聞くようにしましょう。英語字幕版があればそれを目で追いましょう。全ての会話をきっちりと聞き取る必要はありません。

 

 

 

何回か視聴するうちに耳が慣れてきて簡単な会話は聞き取れるようになりますし、劇中の会話を真似したり単語を少し変えるだけで実際に英語で会話ができるようになります。実はこれは小さい子供が大人の会話を真似して言葉を使えるようになる過程と同じで、自然に英語が身につく方法です。

 

英会話スクールの魅力